» グローブボックスとは

グローブボックスとは

グローブボックスとは

グローブボックスとは、外気(大気)と遮断された環境下で作業を行うため、内部に手だけが入れられるように設計された容器(ボックス)を言います。
容器にグローブが直結してあるため、外気(大気)を遮断した環境下での作業が可能となります。

容器の材質には、ステンレス、アクリル、ビニールなどがあり、使用用途によって選択されます。
弊社製品は、全てステンレス製容器となり、主にアルゴンや窒素などの不活性ガス雰囲気中で、酸素や水分を嫌う物質を扱うために使用されます。

グローブボックスは、大きく2つのタイプに分類されます。
真空型」と呼ばれる、ボックス内を真空ポンプにより排気してから、不活性ガスを導入するタイプと
フロー型」と呼ばれる、ボックス内を不活性ガスの流れ(圧力)により排気するタイプです。
(フロー型は、パージ型、ガス置換型、大気圧型などとも呼ばれます)

またグローブボックスは、不活性ガス循環精製装置と組み合わせる事で、作業効率を上げる事が可能です。

 

グローブボックスに関するお問い合わせは→こちらをクリック

関連記事

  • Extreme High 
 Vacume Products English  brochure
  • HiPIMS用パルス電源
  • お問い合わせ
  • 電源装置の
受託開発・施策を受け付けます
  • 日本表面真空学会
  • 日本真空工業会
ページ上部へ戻る