» 高電圧半導体スイッチ

高電圧半導体スイッチ

高電圧半導体スイッチ

 高電圧半導体スイッチ

 

本装置は、高電圧で高速なパルスを発生させるための半導体スイッチです。ITER計画で使用するジャイロトロンのアノード電極に制御電圧を供給するためのスイッチで、高圧ビーム加速電源の高電圧直流電源部の後段に付加して使用されます。

・印加電圧90kV、10Ap、運転周波数DC~5kHzのパルス運転が可能
・スイッチユニットはFETを90段直列に接続し、給電・放電用2台で構成
・フロリナート(化学冷媒)による液体循環冷却システムで、運転時の損失を効率的に冷却

 

製品仕様

印加電圧 90 [kV]  10[A]
運転周波数 DC~5KHz
スイッチ電流 0.5A(連続)
3Ap(通電時間50μs以下)10Ap(通電時間20μs以下)
スイッチング時間 立上り時間:tr 1 μs以下(10~90%)
立下り時間:tr 1 μs以下(10~90%)
スイッチングデバイス FET
冷却方法 フロリナートによる液冷
外形寸法 W800×H1195×D1195[mm]

 
高電圧半導体スイッチに関するお問い合わせは
こちらをクリック

関連記事

  • Extreme High 
 Vacume Products English  brochure
  • HiPIMS用パルス電源
  • お問い合わせ
  • 電源装置の
受託開発・施策を受け付けます
  • 日本表面真空学会
  • 日本真空工業会
ページ上部へ戻る